ネイチャーメイドのグルコサミンを摂取しよう|関節痛にも効く

woman

さまざまな症状

複数の薬

更年期障害という言葉をご存知でしょうか。更年期障害は、文字通り更年期に起こるさまざまな不快な症状のことをいいます。更年期は、約45から55歳の閉経前後の年齢の女性のことを指します。また、男性でも更年期障害になる方がおられます。原因不明の不調がなかなか治らない場合は、更年期障害を疑ってみてもいいかもしれません。最近では、男性の更年期障害専門外来もあります。インターネットで調べると、お近くの病院を見つけることができると思います。症状は、本当に人それぞれです。イライラしやすくなったり、怒りっぽくなったり、悲しくなるなど情緒不安定に陥る方もいます。また動悸や息切れ、大量の汗や顔の火照りなど、身体的な症状もあるのです。

更年期障害の治療は、薬物療法で行われる場合が多いです。ホルモン剤や、低用量ピル、漢方薬などの処方が一般的だといえます。漢方薬は、継続することで効果が期待できるといわれています。また比較的症状が軽い方には、サプリメントがおすすめです。有効とされる成分は大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、プラセンタ、サポニンなどです。大豆イソフラボンやローヤルゼリーは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあると考えられています。そのため、これらを摂ることで症状の抑制が期待できます。プラセンタやサポニンには、顔の火照りに有効だといわれています。また、これらの成分は美肌効果も期待できます。サプリメントは、薬に頼りたくない方にもおすすめです。